民間の立場で受刑者の社会復帰を支援する島根あさひ社会復帰促進センター (ALSOKあさひ播磨株式会社)

【サービス業】最先端刑事施設で警備業務を体感しよう

この仕事に求められるのは、洞察力や観察力、粘り強さ、コミュニケーション力などです。
その力は様々な研修や実際の業務を通して培われます。
どのようにして大切なものを守る力が身についていくのか、その様子を覗いて、あなたも大切なものを守る力を手に入れましょう。
最新の設備のため、快適な就労環境のもと、極めて社会貢献度が高いやりがいある仕事を見学してみましょう。
案内人
ALSOKあさひ播磨株式会社は、法務省が国の経験、民間のノウハウ、そして地域の力を結集して運営する「PFI刑務所」の警備業務を主に行う常駐警備 専門会社として平成19年に創業し、以来、「島根あさひ社会復帰促進センター」、「播磨社会復帰促進センター」および「加古川刑務所」の安全安心の提供とその維持に努め、その社会的責任の重さと極めて高い社会貢献度を常に意識し、大きな誇りと旺盛な責任感をもって日々業務に取り組むとともに、 ALSOKグループが永年培ってきた警備ノウハウを駆使し、社員一人ひとりが高い志のもと、常に質の高い警備サービスを提供できるよう日夜努力しています。
HP⇒http://www.asahiharima.alsok.co.jp/
体験スケジュール
9:00-9:30
ALSOKあさひ播磨株式会社のしごとを知ろう
会社説明
9:30-10:00
島根あさひ社会復帰促進センターってどんなところ?
DVDを用いた施設説明
10:00-11:30
刑務所内のしごとを知ろう
刑務所内の隊員が勤務する配置先を見学
11:30-12:00
現場で働く人に聞いてみよう
現場で勤務する隊員のお話
12:00-13:00
社員の食堂でご飯を食べよう
昼食・振り返り
※希望者は昼食後に社宅の見学も可能です。
※入庁申請のため1週間前に予約締切ます。
注意事項
・現場まで車両で送迎いたします。
・昼食は食堂を利用します。(事業所負担です)
・当日前1週間の体調を確認させて頂くとともに、当日も検温および体調確認をさせていただきます。
・エントランスロビーから先の管理区域には、携帯・スマートフォンなどの通話や撮影ができる機器および、たばこ・ライター、危険物(ナイフ・はさみ)の持込みができません。これらの所持品はロビー内設置の専用ロッカーに保管させていただきますので、ご承知おきください。なお、ロッカーへの保管忘れを防止するために、管理区域内に入場する際に金属探知機による所持品検査をさせていただきます。
・敷地内はもちろんですが、敷地外からの撮影も一切禁止となります。
・敷地内への入庁申請に約2週間を要します。(2週間前までにお申込み・ご相談ください。)
・入庁前に手指消毒およびマスクの装着をお願いいたします。
・新型コロナウィルスの状況により、内容の変更、受入の中止を行う場合がございます。あらかじめご了承ください。
集合場所
島根あさひ社会復帰促進センター
〒697-0426
島根県浜田市旭町丸原380-15
現地まで送迎いたします。